より強くよりしなやかに
閉じる

Fine Heat Technology

FineHeatTechnology01FineHeatTechnology02 IH(誘導加熱)技術はクリーンな電気を熱源とし、地球環境にやさしい無公害(Ecological)・省資源(Economical)のダブル・エコ(W.eco)の技術であります。
ネツレンは、半世紀以上にわたりそのパイオニアとして熱処理受託加工に加え、IH応用技術を盛り込んだネツレンオリジナル製品を多くのお客さまに提供してまいりました。「技術のネツレン」の精神を踏襲し、技術革新に果敢に挑戦し、環境保護とW.ecoをキーワードとし、より一層社会に貢献できるように、たゆまぬ努力を続けてまいります。

誘導加熱技術

誘導加熱技術01誘導加熱技術02 ネツレンの事業の基盤となる「IH(誘導加熱)技術」とは、電気の力で金属を加熱する技術の一種です。被加熱物となる金属の周囲に銅製の加熱コイルを配し、そこに高周波電流を流すと、電磁誘導作用によって金属そのものにもうず電流が流れ、急速に温度が上がるというしくみを利用しています。
最新の技術ではわずか0.2秒で約1000度にまで加熱できます。表面だけを高温加熱し、その後急速冷却する「焼入れ」によって、金属製品の硬さや耐摩耗性、耐久性などを大きく向上させることが可能なのです。

建設機械・工作機械

建設機械・工作機械01建設機械・工作機械02 家電製品から輸送・産業機械・建設機械設備にはベアリングが欠かせません。ネツレンでは巧みな高周波誘導加熱技術でベアリングの高強度・長寿命化を実現しております。
また、IH事業部加工部では、世界最大級のIH(誘導加熱)による焼入設備を設置し、製紙用超大型ヒートロールなどの大型機械部品を中心に高深度、低変形の高周波焼入れを可能にしました。

土木・建築

土木・建築01土木・建築02 地震の多いわが国では、社会インフラや公共施設、一般構造物の耐震性には厳しい基準があります。ネツレンはこの分野でのオリジナル製品の研究・開発・生産に力を入れてきました。
その一つがPC鋼棒です。引張りの力に弱いコンクリートにあらかじめ圧縮力を与え、コンクリート製品の強度を高めるので、新幹線のレールを支える枕木・スラブ軌道板や地下に埋め込む共同溝のなどのコンクリート構造物、高層住宅の大型建築物を支えるコンクリートパイルを始め、様々な場所で使用され構造物の耐力向上に大きく役立っています。
また、高強度せん断補強筋は、コンクリート建築物の柱や梁の強度を高め、地震によるせん断破壊を防ぐ鉄筋です。ネツレンの製品は鋼材に高周波熱処理を施すことで、引っ張り強さを通常鉄筋に対して4倍まで強くしています。

自動車・オートバイ

自動車・オートバイ01自動車・オートバイ02 自動車やオートバイ業界では限りある資源を有効に利用するためには軽量化が進められ、これに伴う部品の軽量化も必須となります。小さな鋼材でも熱処理加工を行うことで機械的性質の向上が図れます。ネツレンのIH熱処理技術はエンジン部品、足回り部品、トランスミッション部品、ステアリング部品、ボディ部品など、熱処理が必要な部品全ての高い要求品質に応えます。

News & Topics一覧ページへ

2015/06/30
平成28年3月期 第1四半期決算発表は8月5日(水)15時30分を予定しています。
環境にやさしいIH W-Eco技術 W-Eco Movie