旋回輪の高周波焼入れ

汎用部品から超大型部品までニーズに応える信頼の技術

家電製品から輸送・産業機械まであらゆる機械設備にはベアリングが欠かせません。
ネツレンでは巧みな高周波誘導加熱技術で旋回輪の高強度・長寿命化を実現します。

イメージ写真

旋回綸

イメージ写真

■ 製品形状に合った加熱パターン
豊富な経験を基にコイル設計をしますので迅速に目的に合った硬化パターンを作成することができます。

■ 低変形によるコスト削減
高周波焼入工法の特徴である自己発熱による短時間部分加熱熱処理のため、従来の炉加熱品より変形量が抑えられ、後工程の工数・コスト削減が可能です。

■ 1オーダーから量産対応まで
単品・小ロット品から専用設備製作による大量生産までお客様のニーズにあわせて対応いたします。

■ 世界最大級の実績
東京湾アクアライン施工のシールド掘削機用旋回輪(外径7200mm一体型)の実績をもちます。この旋回輪には、摺動面・軌道面及び歯面に高周波焼入処理が施されています。

■ 確かな品質
単品の処理においても、コンピューターによる動作制御・条件管理により確かな品質を保証いたします。

■ 自動歪み取り機による品質対応
パワーショベルの旋回輪においては、自動歪み取り機を導入し安定した品質を確保しております。

◆パワーショベルの旋回輪品質

グラフ

◆東京湾アクアライン施工 シールド掘削機用旋回輪の硬化パターン

イメージ写真

◆製品適応例

表

もどる

加工品一覧へ

MENU
加工品一覧
自動車部品
EPS用ウォームホィールギア
焼結合金部品
中空ラックバー
等速ジョイント
鋼管
建設機械部品
旋回輪
産業機械部品
大型ロール
歯車
その他
プラズマ窒化
試作試験
工場紹介
高周波熱処理の特徴
高周波熱処理の適用部品
Copyright 2005 NETUREN.CO.,LTD. All rights reserved