製品・サービス情報メインイメージ

中空ラックバー

ラックバーとは?

ラックバーとは、自動車の舵取り装置(ラック&ピニオンギヤ)を構成する部品の一つです。ハンドルからの回転運動をピニオンギヤを介して直線運動に変換しタイヤの方向を変える働きを担っております。

ラックバーとピニオンシャフト

中空ラックバーの3つの特徴(技術)

・ネツレンの中空ラックバーは自動車の燃費向上に大きく貢献できる小型・軽量化アイテムの製品です。

1.ネツレン独自の中空材(パイプ)での冷間逐次成形加工技術による軽量化。中実材比 最大50%もの軽量化が出来ます。

中空ラックバー外観写真
ラックバー重量比較 軽量化効果

2.ネツレンでのVGR(バリアブルギヤレシオ)設計・製作対応、ハンドルの取り回し性の向上、EPS用(電動パワステ)モーターのサイズダウン。

インナーチューブ画像1

3.高周波熱処理技術における精度を確保した強靱性の向上。
曲げ強度が中実材と比較して、1.5倍もあります。

インナーチューブ画像2

同仕様での中空vs中実ラック強度比較

※2002年より量産を開始して以来、累積1,000万本以上の生産実績があります。
大型RV車からスポーツカー、商用車、リッタカー(小型)まで幅広くの車に中空ラックバーが搭載れております。

※2012年度経済産業省製造産業局長賞を受賞することが出来ました!