技術情報メインイメージ

高周波熱処理(焼入れ・焼戻し)技術

高周波焼入れの特徴

電磁誘導作用による高周波誘導加熱(IH)を利用し、秒単位で高温まで急速加熱した後に急速冷却することで、金属部品の表面を硬化させることが出来ます。これにより、金属部品の耐摩耗性、疲労強度および靱性を向上させることが可能で、自動車や建設土木機械、工作機械部品などに幅広く使用されています。また、IH技術によりCO2排出量が少なくクリーンで地球環境にやさしく、短時間加熱で生産効率が高く省エネであるため、Ecological&Economical(W-Eco)な熱処理として注目されています。 高周波熱処理の特徴

使用面での特徴

長所  主なポイント
①優れた熱効率 自己発熱、秒単位で1000℃までの表面急速加熱 
②大きな熱サイクル設定自由度 周波数、出力、加熱コイル、冷却システムの組合せ
→種々の加熱・冷却条件設定 
③清潔な環境 電気を用いた直接加熱
④迅速な運転・停止  電気を用いた直接加熱
⑤容易な自動化  コンピュータ制御の導入・インライン化
⑥小さいスペース  高効率なトランジスタ式発振器の発達

材料面での特徴

                                (効果大 ○効果中 △効果小・同等 ×悪影響-関係小)
長所  主な機械的性質
 疲労 摩擦 靭性 コスト 
①高い表面硬さ  ×
②深めで調整可能な硬化層深さ
   
(対浸炭・窒化)
表面破壊○
内部破壊
転動○
③高い表面圧縮残留応力   転動
表面△
④微細組織 (1)結晶粒径
(2)焼戻炭化物
⑤少ない脱炭
⑥少ない変形(W-ティ(定・低)変形)
⑦安い材料費 



高周波焼入時に生じる変形は、製品の最終品質や性能、後工程の高精度化加工コストに大きな影響を与えます。
ネツレンでは高度な加熱冷却制御技術を保有しており、様々な部品に対して焼入変形制御ができる豊富なノウハウがあります。



  色々な複雑形状に対しても試作出来ますので、お気軽にお問い合せ下さい。