技術情報メインイメージ

2重硬化層高周波焼入れ「WIQ」

2重硬化層高周波焼入れ「WIQ」

インライン調質+定(低)変形高周波輪郭焼入れシステム"WIQ"

長年にわたって開発してきた高周波誘導加熱による輪郭焼入技術の応用展開として、①機上インラインで調質をしたのちに、②輪郭焼入れを実施する技術”WIQ”を開発しました。この技術により、機械加工性と高疲労強度の両立が実現可能です。

熱処理サイクル(イメージ) 歯元表面に生記した圧縮残留応力値
WIQ歯車、SRIQ歯車および浸炭焼入歯車の歯元曲げ疲労試験結果

特徴

  • 高素地硬さの確保、高圧縮残留応力の付与が可能である
  • 結晶粒が微細である
  • 高疲労強度、高靱性の確保が可能である

下記フォームより、お気軽にお問い合せ下さい。

​​