技術情報メインイメージ

軸肥大加工®

軸肥大加工

軸材に軸方向の圧縮応力と回転曲げによる引張・圧縮の繰り返し交番応力を与えることにより肥大部を成形する逐次塑性加工です。

加工方法



特長

①小さな加工エネルギーで大きな塑性変形が可能。

②冷間で素材直径に対して肥大率1.6D、肥大幅1.0Dの加工が可能。
③材料のムダがきわめて少ない。
④省エネ&省資源。

加工例



   
 ギアポンプシャフト  中間シャフト  ボールねじ

軸肥大加工品の硬さと組織



その他、種々検討・対応いたしますのでお気軽にご相談ください。